Hello! Project 2017 SUMMER 〜 HELLO! MEETING FUKUOKA 〜に行ってきました

 

こんばんは!今日も愉快なおたくです!!

少し前の秋山眞緒ちゃんを推すことを決めた経緯について書いたブログをたくさんの方々に読んでいただけて本当にびっくりしています。アクセス数を950度見くらいしました。こうやって自分が書いたブログを、読んでいただき少しでも何か思いを持ってくれることがとっても不思議で嬉しくて…これからも細々とまったりとブログを楽しく書き綴っていけたらなあと思います。…今後ともよろしくお願いします!

 

ブログの記事にするまでもないことを気楽に自分の想いを言葉にしたいと思い、Twitterを始めました!いわゆるハロ垢というものです……!有意義なことをつぶやけませんが気軽にフォローしていただけたら嬉しいです……!♡

 

さて!前置きが長くなりましたが、7月22日に福岡市民会館にて行われた「Hello! Project 2017 SUMMER 〜 HELLO! MEETING FUKUOKA 〜」に行ってきました!相変わらずハロコンは楽しすぎる〜〜!終演後にはつばきファクトリーと握手も参加したのでハロコンと握手会についての感想やレポを自分用にまとめてみました。

 

 

※この先はセットリスト含むネタバレがあるのでご注意ください!※

 

 

続きを読む

人生をかけて推したいアイドルにやっと出会えた話。

 

突然ですが、みなさんはアイドルは好きですか?ドルオタ生活をエンジョイしていますか?

わたしはスーパーウルトラハロプロDD人間です。みんな可愛いし、みんなが大好きだし、みんなが幸せになってほしいと願っています。ハロプロのグループごとに推しを見つけ、名前Tシャツを作り、単独ツアーはそのTシャツを堂々と着るもののハロコンではほかの推しに申し訳なさそうにコソコソと、一人の推しをその日の気分で決めてTシャツを着るというシステムで応援してきました。ハロコンに行くとそりゃあハロプロDD人間からすると天国みたいです。あっちにもこっちにも推しがいて目が回りそうになるし、休む暇なく推しが入れ替わり登場して、ペンライトの色を素早く変える。そんなハロプロ現場生活がわたしにとって当たり前だと思っていました。でもそんなある日、つばきファクトリーの1人の女の子に出会ってしまいました。今回は平凡な大学生が中学生アイドルに落ちたお話です。今日はそれまでの経緯についてお話します。※この物語はノンフィクションです。そして安定の長さです。

 

 

2017年1月11日。今日も自分の推したちが可愛い可愛いと鳴き声を上げ、その日の私はなんて変わりのない一日を過ごしていました。あの子を見つけてしまうまでは。いつも通りに夜の9時にハロステがアップロードされ、再生ボタンを押し、とある映像を見ていました。この動画こそがすべての始まりでした。終わりの始まりだったのかもしれません。その動画がこちら。

youtu.be

 

 

 

 

そう、全てはここから始まった

 

 

秋山眞緒ちゃんに出会ってしまった

 

1:06:38~のセンターで踊る女の子こそが秋山眞緒ちゃんです。運命的な出会いでした。「気になる」という感情をとびこえて初めて見た映像なのに「やっと出会えた」という安心感がそこにはありました。"ポケモン"でいう「まおぴん、君に決めた!」というみたいな感じで、"君の名は。"でいう「私は、俺はだれかひとりを、だれかひとりだけを探している」の世界観で、"名探偵コナン"でいう迷宮の十字路の「やっと会えたね…。」のシーンですよ……

この映像を見た私は黙ってはいられない。急いで秋山眞緒ちゃんについてヲタクは詳しく調べ始める。秋山眞緒ちゃんについて簡単なプロフィールをまとめてみます。

 

f:id:lm85cm:20170201102455j:plain

秋山 眞緒(あきやま まお)
ニックネーム:まおぴん・まおちゃん
出身地:大阪府
生年月日:2002年7月29日
好きな食べ物:ステーキ・フルーツ
嫌いな食べ物:しいたけ・ピーマン・なす
座右の銘:正直は一生の宝

ちょっとまって…2002年?2002生まれ…15歳…中学2年生…?ハロプロのカウントダウンコンサートの2部に出るためにはまだあと3年もあるのすごすぎ~~!?20代の私が14歳の子に「出会ってしまった」なんて思いを募らせることは合法でしょうか 神様どうかお許しください。そして秋山眞緒ちゃんのブログにたどり着く。ブログの写真を見てみると…

 

f:id:lm85cm:20170728025150j:image

f:id:lm85cm:20170313021740j:image

 

え??まさか?もしかして???

 



f:id:lm85cm:20170728025414j:image



f:id:lm85cm:20170313021826j:image

中身は赤ちゃんだった~~~~~!?!!?!!!👶🍼💗

 

秋山眞緒ちゃんはバブでした。ポンコツというよりは赤ちゃん。バブみがすごい子だった。ブログで『明日からテストがありますぅ…社会のワークと理科のワークの提出物がまだ終わっていません…今から頑張って終わらせます!』→『今日からテストです!1時間目は社会で眠くなっちゃいました……』→『やっとテスト終わりました~♡嬉しい~♡』→『今日はテスト返しです!眞緒は出席番号1番だから緊張する〜』って毎回お知らせしてくれる眞緒ちゃん超超超可愛いじゃん………?(泣)母のような目でいつも見守っています。『自慢してもいいですか?(^o^) 英語の小テストで3回連続満点取りました〜☆★』ですよ…………?は〜平和すぎてまおぴんがこの世にいる限り、この世界は平和で満ち溢れているなと思いました。

そして5日に1回は「眞緒も大きくなりた~い!」と身長を気にしているブログを更新してくれます。3日に1回は寒い日にカイロを持っていたのか、手袋をはめたのかマフラーを付けたのか…そんな報告もしてくれます。もうカワイイという感情しか生まれない。でもそんなまおぴんがブログの終わり方が「明日も素敵な1日になれますように…♡ 心を込めて♡ 眞緒でした~~」って終わるのが本当に本当に好きなんです……。

自分のことを「まおぴん」って呼ぶし(かわいい)、好きな食べ物はステーキだし(かわいい)、メンバーが秋山眞緒ちゃんの真似をすると「そんなん言ってないもん!も~~!」ってちょっと反抗するし(かわいい)、「ふひひ♡」って笑うし、とにかくかわいいからどうしよう。わたしどうすればいい??????とまあ、この秋山眞緒ちゃんのバブみが私の心をさらに揺さぶったわけです。舞台上ではあんなにかっこよくバキバキ踊って、髪をかきあげたりする秋山眞緒ちゃんが、舞台裏ではバブちゃんとか推すしかないじゃん??推さない理由がなくない??となったわけです。

バブみだけでなく、ハロプロ大運動会での50m徒競走決勝戦でも惜しくも佐々木莉佳子ちゃんに負けてしまった秋山眞緒ちゃんが「みんなが…応援してくれたのに…2位になって…悔しいです…;;」って泣いちゃうんです。「みんなが応援してくれたのに」ってスッと言えるのはすごいなと思いました。眞緒ちゃんの真っ直ぐで熱心な性格にさらに好きになってしまった。前にも述べたように、眞緒ちゃんの座右の銘は「正直は一生の宝」ですが、眞緒ちゃんはとにかく純真無垢で素直で陽のオーラがすごいんです。

f:id:lm85cm:20170201085548p:plain

 

研修生時代の動画も振り返ってみると、デビューを目指して必死に頑張る秋山眞緒ちゃんの姿がそこにはあって、本番が近づいているなか、うまくパフォーマンスができなかった(私にはパーフェクトに見えた…)新人メンバーたちが急遽出演メンバーが変えられてしまう事態に…秋山眞緒ちゃんの泣きそうな顔をみて、私が泣いた。なんでこんなに泣くか自分でもわからないけどめっちゃ泣いた。


f:id:lm85cm:20170201104209j:image 

 

でも、眞緒ちゃんは努力を積み重ねて、ハロプロ研修生加入からヶ月で2015年生タマゴShow!のダンスパフォーマンスの選抜メンバーに選ばれ、これまためちゃくちゃかっこいいステージを見せてくれました(39分16秒~)

youtu.be

 

2016年のハロプロ研修生春の公開実力診断テストでは、ダンス賞を受賞。みつばちまき先生からも『全身を使ってダンスが好きっていうのがすごく伝わってきた。発表順番が1番だったのに堂々とパフォーマンスをして印象付けられたのは、それだけ本人がエネルギーがないとなかなかできないこと。その力をもってもっとうまくなってほしいです』との評価を得ました。そして、2016年の℃-ute春ツアーの帯同研修生にも選ばれました。

 

そうしてやっとデビューしたつばきファクトリーでのメンバカラーは赤になりました。もう一度言います、です。エースカラーです。秋山眞緒ちゃんにはつばきファクトリーという物語の主人公になってほしい。赤を身にまとったまおぴんがセンターでパフォーマンスをするというこの事実がエモすぎてどうしよう。メジャーデビュー日のブログには「つばきファクトリーが、アイドル界で主役になります!!みなさん、ついてきてくださいね」という言葉を残してくれました。エモーーーーーー!

そして3月25日ひなフェス2017にて秋山眞緒ちゃんと鈴木愛理ちゃんのパフォーマンスステージがありました。私はハロプロエース継承式と呼んでいます。その時の動画がこちら。

 

www.youtube.com

 

わたし…秋山眞緒ちゃんが好きすぎてどうしたらいいかわかんねえ……

 

まおぴんはハロプロの未来背負ってる。まおぴんは太陽の子。太陽から生まれた子。真っ直ぐな透き通った歌声で、楽しそうに踊ってギラギラと自信満々にパフォーマンスをするまおぴんが大好きで誇らしくて…まおぴんに出会えて本当に良かったです。私は人生をかけてまおぴんの幸せを祈ることを決めました。まおぴんに出会うために生まれ、まおぴんのパフォーマンスを見るために働き、まおぴんの笑顔を見るために生きていきます(重症)。 こうやって、いろいろと秋山眞緒ちゃんについて詳しく調べていくと、ヲタクはあることに気が付いてしまいました。

 

 

 

 

 

私、とんでもなく秋山眞緒ちゃんが大好きだ。

 

2017年1月28日。初めて秋山眞緒ちゃんに会える日を迎えました。ハロコンの感想についてはこちらの記事を読んでいただけると嬉しいです(;;)!

ハロコンが終わってまずわたしが無意識に放った言葉は「わたし、まおぴんが好き」でした(本気)。生でみた秋山眞緒ちゃんのパフォーマンスは本物で格別でずっとずっと見たかったものを見せてくれました。結論から言うとわたしはこのハロコンでまおぴんに骨抜きにされ、この日を境にわたしは秋山眞緒ちゃんをこれからずっと推していくことを決めました。

とにかくこの子は信じられると思った。誰よりももっとキラキラ輝いてほしいと思った。赤のペンライトでいっぱい照らしたいと思った。

○○なところが好きで秋山眞緒ちゃんが好きになった!のではなく、秋山眞緒ちゃんが秋山眞緒ちゃんだから好きになりました(?)。好きなタイプは好きになった人です♡とか言っちゃう女性の気持ちが今ならわかる。ああ、私とんでもなく秋山眞緒ちゃんが好きです(;;)

これから先、秋山眞緒ちゃんはどんなふうに成長していくんだろう。まおぴんはこれからハロプロを背負っていく存在になってほしい。というかもうすでに私の中でなりつつある。まおぴんがいる限りハロプロの未来は大丈夫です(ゴリゴリの贔屓目)。いつかは「憧れの先輩は秋山眞緒さんです」っていう子も現れるかもしれない…そういろいろ考えていくとまおぴんの成長が本当に本当に楽しみで、同じ時代に生まれてまおぴんに出会えて本当に嬉しいなと思います。それに、これから成長のとともに眞緒ちゃんはめちゃくちゃ美人さんになると思うんです……「眞緒」っていう写真集を永遠に待っています。カントリーの森戸知沙希ちゃんが1年かけて写真集の撮影を行ったというのを聞いて、まおぴんは5年間分を一冊の写真集にしてほしい。秋山眞緒(15)→秋山眞緒(20)の成長が詰まった写真集とかエモすぎて20020729冊買います。

私の大好きなつんく♂さんは秋山眞緒ちゃんをどんなふうに評価するんだろう。もっともっとつんく♂さんが書く歌詞を歌ってほしいし、踊ってほしいなと思う。まおぴんはゴリゴリのダンスエースなので腰や膝を痛めたり、怪我だったりには十分気をつけてほしいです。事務所さん宜しくお願いします。まおぴんに痛いも悲しいもあってはだめです。

 

そして今日、2017年7月29日は秋山眞緒ちゃんの15歳のお誕生日です。こんなにも素晴らしい日は国民の休日にしてほしい。お誕生日おめでとう!生まれてきてくれてありがとう!アイドルという道を選んでくれてありがとう!まおぴんにとって素敵な1年になりますように!これからもずっとまおぴんを応援します!ずっとついていきます!まおぴんのファンになってから本当に幸せで本当に楽しくて、まおぴんが大好きすぎて悲しくなることもあるけど、これからも眞緒ちゃんが世界で一番だいすきです…(重い)(ガチ恋)お誕生日にこのブログを更新しようと決めて約半年ずっと温めてきましたが、なんだか勢いで書いたら、途中からただただ秋山眞緒ちゃんが好き!!!!!って言ってるだけのブログになってしまいました…拙い文章で熱かったり急に変なテンションになったりしてしまってすみませんでした(;;)わたし、本当に秋山眞緒ちゃんに出会えてよかったです。わたし、秋山眞緒ちゃんがとっても大好きです。

  

 

それでは、みなさん楽しいHello! Projectライフを!

 

 

まおぴん!だいすき!♡

 

 

私の大好きなカントリー・ガールズについて

 

森戸知沙希梁川奈々美船木結は、ハロー!プロジェクトの他のグループに移籍してメインの活動を行い、カントリー・ガールズの活動と兼任する事になります。

現在、大学2年の山木梨沙、高校1年の小関舞に関しては「学業との両立」もあり、前述の3人のような体制での活動は困難な状況と判断し、在学期間中は他のグループへ移籍はせずに、カントリー・ガールズとして、学校の休日や長期休暇中での稼働をメインに活動させることにしました。

また新曲も発表していきますが、配信のみでのリリースを考えています。

カントリー・ガールズの今後の活動について 

?????????????????????

5億回読み直したけど、理解ができない。意味がわからないけど意味がわかりたくないのかもしれない。もうこのまま意味がわからないままの方がいいかもしれない。

カントリーのメンバーが、カントリーの楽曲が、カントリーの温かい雰囲気が大好きだからこそこんな結末を信じたくない。信じられない。ももちが卒業したあとも5人で活動していくと思っていた、そんな当たり前のように思っていた未来はそこにはなくて誰も想像も予想もしていない未来が待っていただなんて。

事務所からの発表後すぐに更新されたももちのブログ。この発表があってから唯一更新されたのがももちのブログだけでこのブログを読んで少し安心した。重要な他のメンバーの更新が発表当日になかったのは、どうしても前向きに考えられない要因の一つかもしれない。

私が卒業した後は、毎日5人で色々な困難を乗り越え、楽しさを分かち合い、より良いグループになっていく。そんな5人のライブや成長を陰から見守り、さすが私の教え子!とニヤニヤした生活を送る。当たり前のように、そんな未来がくると思っていました。
 
なぜカントリー・ガールズが?5人の力では不十分だと思われてしまっているのか?
 
私は、この先5人でも絶対に大丈夫だと自信をもって言えます。だからこそ、疑問ばかりが残ってしまいました。
 
だけど、逆でした。 
これがももちの正直な思いなんだと勝手に感じています。この文章にはとっても納得がいくし、私もずっとおんなじことを思っていた。ももちが卒業してもこの5人ならずっと活動していけるって確信していた。「だけど、逆でした。」この一文の闇が深すぎるし、この文章の以降の文章の違和感がすごくてムズムズする。ももちが事務所をうまくフォローしているようにみえてなんだかこわい。大人の世界ってこわい。
 
今までのカントリー・ガールズをみて、可能性を感じ、他のグループのメンバーとして新しい風を吹かせて欲しいという願いがある。

これまでのカントリー・ガールズの活動を見ていて可能性を感じたから他のグループのメンバーとして新しい風を吹かせてほしいっていう矛盾。可能性を感じたなら、「カントリー・ガールズとして」新しい風を吹かせてほしかった。もう叶うことはないけどこれこそが私の願いでした。 こういう方向性に進むことを決めたのはももちじゃないし、メンバー5人だけで話し合ったことではないだろうし、事務所の関与は絶対にあったはず。ももちのブログにも「少し前から、事務所の方から来年のハロー!プロジェクト20周年にあたり新しい試みをしたい、とお話しがありました。」とあるように、この話の発端や主体的に進めたのは事務所だったのかなと邪推してしまう。新体制を確立しなければならない内部の事情があるのかもしれないけどそれにしても辛すぎる。もっともっと詳しくわかりやすく説明してほしい。なんで…どうして…悲しい…の気持ちでいっぱいで言葉にできない。

ももちがPMとして作り上げたカントリー・ガールズももちの卒業とともにバラバラになっちゃうのがとにかくほ~んとうに辛い!ももちがカントリーを育てたと言っても間違いは全くないし、ももちがしてくれたことに無駄なんてひとつもなかったからこそ本当に本当にこの選択でみんな納得しているのかな?とも心のどこかで思っていたりもする。感謝しきれないほど頑張って、"アイドルとは何か"というものをお手本になって後輩に見せて教えてくれた育ててくれた、アイドル人生を最後まで全うしてくれたももちを最後の最後で傷つけるなんてほんとうに許さない。ももちの今までの努力を事務所はどのように思ってるんだろうか。このままじゃ「ももちのために作られたグループ」だと勘違いされたままカントリー・ガールズが終わりそうなのが腹立たしくて悔しくて悔しくて悲しい。2人のメンバーが脱退し、新しく2人のメンバーが加入していろんな壁を乗り越えてきた6人はいつも幸せそうにアイドルを楽しんでいた、そんな6人を「20周年だから」の一言で崩壊させるなんて許さない、許すわけがない、許す気はない。

ももちイズムを受け継いで5人それぞれが未来に向かって頑張ってほしいですね!」とかもう受け止めてられてるひとは仏?神?人間何週目?「ももちイズムを継承して頑張ります」ってキラキラして言ってた5人の姿も「10年後にもう一度"16歳の恋なんて"を歌えることを夢見て頑張ります」と嬉しそうな笑顔で語った舞ちゃんも今思うとすごく胸が苦しい。

カントリー・ガールズ」は解散ではないから、メンバー5人に会えなくなるとかではない。カントリーで身につけたスキルや経験を活かしてこれからもみんな頑張って活躍していくんだろうって思う。みんなハロプロが大好きでアイドルが大好きで頑張り屋さんが集まったグループだもん。でも「"私が大好きだった"カントリー・ガールズ」はもう6月で終わっちゃう。移籍するメンバーは移籍先のグループ活動をメインにしていくみたいなので、今ある他のグループの活動状況やスケジュールを見てると土日はほぼ埋まっているし、兼任と言ってもほぼほぼ解散状態といってもおかしくないんだろうなああ。本当に梨沙ちゃんと舞ちゃんが活動できる場所があるのかが不安。移籍メンバーが他グループで活動している姿を二人はどんな風に見るんだろう。なんか二人のことを思うと許せなくて悲しくてやるせない。私の予想では結局ハロコンやひなフェスとかでカントリー・ガールズとして1~2曲歌う程度で終わっちゃいそう。カントリー単独ツアーの開催も厳しくなっちゃった。しかもこれからリリースしていくCDは配信のみとかなにそれ。なにそんな重要なことをサラッと言ってるの悲しすぎるでしょ…悲しくて寂しくて、少し前までのカントリー・ガールズを普通に応援できていた私が羨ましくて涙が出てきそう。だれもこんな未来想像してなかったじゃん…

すでにもう「○○ちゃんは○○のエースに決定だな!」「○○には来ないでほしい…」とかいろいろとファンが言い争っているのが現状。でもこういう風に言いたくなってしまう気持ちもわかるから悲しくて寂しくて悔しくてこれが本当に正しい答えだったのかとかも思ってしまう。もうどんなに掘り下げてもその先は正しい答えはないんだろうな。この件を前向きにとらえて「これからも楽しみ!」って応援し続ける人もいるし、この件でハロプロのファンを辞めちゃう人もいるかもしれないし、まだまだ受け止めきれなくて悲しい思いをしている人もいるし(わたし)、移籍を嬉しく思っている人もいるだろうし……ファンの一人ひとりがいま正直に思う気持ちに間違いはないから…。

私はカントリーの温かい雰囲気が大好きだったから、カントリーに関しては唯一箱推しに近い感覚で応援していました。でもその中でも一推しを決めるなら絶対に山木梨沙ちゃんでした。実際に数回ほど山木Tを着てコンサートを行ったこともあったし、一時期山木さんに恋をしすぎてて人生がめっちゃ楽しかったくらい拗らせてたこともあった。実は森戸知沙希ちゃん推しとして初めて行った単独コンサート中に梨沙ちゃんに推し変したんですが(小声)、そのあと握手会の時に「今日から梨沙ちゃん推します!大好きです!」って勇気出して言ったら「え~~~~!嬉しい~~~!ありがとう♡」ってとっても優しい声で優しく手を握って優しい笑顔で返してくれたことは一生忘れない私の宝物。山木梨沙ちゃんの美しすぎるお顔がだいすき。麗しくて綺麗で美しくて私にとっては高嶺の花みたいな存在で、でもとっても優しい梨沙ちゃんがだいすき。……やだやだ!こんなこと書いてたら涙出てきた。カントリーは解散しないもんね?梨沙ちゃんはまだまだアイドルでいてくれるんだもん。こんなしんみりすること書くのはまだまだ早いし、寂しくて泣きそうだからこの話はここでおしまい!

今までの話をひっくり返すような話になりますが、今は「むりむり!悲しすぎむり!」言っているけど、やっぱりいざ移籍したらそれはきちんと受け止めなきゃいけないなとは思っています。他のグループへの移籍ということなので新グループ結成はなさそうだから、移籍する3人のメンバーも受け入れるグループのメンバーも不安に思っていそう。移籍先のグループのメンバーもファンが温かく迎えてあげないとなんだろうけどね。この「受け入れる」っていう言い方もほんとうはあんまり良くない。なんかカントリーが下の立場って感じで「仕方ないな〜受け入れてあげますよ〜」みたいなニュアンスに聞こえちゃう。現にカントリー以外のメンバーが更新したブログも共通して「今の〇〇に新メンバーとして入ってくることが想像つかないし、受け止めきれてない」「今の〇〇が大好きだから変わってしまうのが少し寂しい」って正直に書いてますもんね。なんで事務所はメンバーの正直な思いを正直に聞いてあげないんだろう。少しでも耳を傾けてあげなかったんだろう。6人の大事な大切な感情さえも尊重できずに傷つけてしまった事務所が約50人もいるハロプロに新しい風を吹かすとかできるの?「さらに活動を精力的に行うために」とかよく言えたね?この体制を取ることにどれだけの人が悲しむか覚悟して事務所もやってるの??まだ展望もない説明も不十分で勝手な大人だけの都合を必死に毎日頑張ってくれている女の子に押し付けるなよ!ばかばか!キラキラして毎日わたしに幸せをくれるアイドルの事務所の大人がこれって信じられないし、なんだかもう何を言っても無駄な気がしてきた。でも何を言ってもこれからもハローみんなで頑張っていかなきゃなんだよね。とは言うもののあまりにも突然に、違うグループから自分のグループにメンバーが入ってきて「はい!じゃあ明日からこのメンバーでやっていきます!頑張って!」とか事務所の人に言われたらそりゃあすんなりと受け止めきれないよ……女の子は特に1人でもメンバーが加わるだけでそのグループ全体の雰囲気がガラリと変わるし、立ち位置も歌割りも覚え直さないとだし、でもそんなことを毎年乗り越えてきたのがハロプロなんだよね。でもそろそろ加入・卒業を当たり前のように思ってもらいたくないのも本音。恋愛とか学業とかの理由も十分にわかるんだけど、"アイドル"という道を自ら選んだからにはある程度はカクゴして!とも思っちゃう。少し話が逸れちゃったからこの話はこの辺にして…

何よりも知沙希ちゃんもむすぶもやなみんもアイドルを続けたいって思い続けてくれたことに感謝しなきゃだし、梨沙ちゃんと舞ちゃんが学業専念したいという思いを正直にかなえてくれた事務所に少しは感謝()しないといけないし、それでも休日や長期休暇中だけでもカントリー・ガールズを続けたいという思いを大事にしてくれたことに感謝しなきゃいけない。私はとにかく感謝の思いは忘れてはいけないことに間違いはない。今日もアイドルを応援できることを!解散と道を選ばずにカントリー・ガールズというグループを残してくれたことを!これ人生で2億回は言っていますが、アイドルって儚すぎる。

 

モヤモヤしたまま終わりたくはないので最後に正直に事務所に思っていることを書きます…スーッと読み飛ばしてください。「情に流されやすい事務所」とか言われてるけど20周年記念としての新しい試みをしてカントリーの新体制確立よりもまだまだやるべきことはあるだろ~~~(;;)!?20周年だからって頑張っている大好きなメンバーたち振り回さないでくれよ〜〜(;;)!お〜い!上の人〜〜!見てるか〜〜?(見てるはずがない)クールハローからいち早く脱却しするためにインク素材代をどうやって捻出するか会議したり、体調不良はどうしても防げないこともあるから最近欠席が多いハロメンのスケジュールをもう一度見直したり、「即戦力をつける=メンバー増員」という考え方そのもの!人数が多ければ強くなる確信はないから、現メンバーをボイトレやレッスンしたりもう少しひとりひとりを大切に育ててほしいんだよ~~~~~~~~(;;)!新しい風を吹かすために約50人の子を不安にさせて大事な気持ちを踏みにじってももちPMの積み重ねてきた努力を一瞬にして壊す事務所なんて信じられないよ。15歳のむすぶに「でも、20周年を迎える大好きなハロー!プロジェクトに貢献出来るならばそれはとても嬉しいことだと思っています。」とか言わせるなよ事務所よ…………発表の翌日に更新された5人のメンバーのブログを読んでもモヤモヤは残ってるし、逆にもっと悲しくなってきちゃった。とくに推し山木梨沙ちゃんのブログがとにかくつらい。もう何もかもが辛い。みんなまだ全く納得いってない感じがヒシヒシ伝わってくるし、みんな「?」のままどんどん進んでいってる。なんで私の大好きなカントリー・ガールズはこんなことになっちゃったんだろう。まだまだ前向きには捉えないから時間とともにゆっくり応援していけたらいいなあ。もちろんカントリー・ガールズのことも山木梨沙ちゃんのことも嫌いになれるはずないじゃんか~~~~~~~!好き好きで大好きだからこそ悔しいんだわたしは~~(;;)!悔しくて悲しくて寂しくて今はまだ受け止めきれないけど、大好きなカントリー・ガールズはずっと私の心の中にある!デビュー曲のキャッチコピーが「かわいいだけでなんとかなる、か?」が最高に大好きだったのに、くそう…かわいいだけでなんとかならなかったのかよおう(;;)

私が大好きで応援し続けたハロプロもきっと誰かが「もうハロプロは終わった」と思ったハロプロかもしれない。こうやって繰り返されて20年という月日が経った。立て続けに解散発表・卒業発表や活動休止が発表されて疲れて寂しい気持ちは何度もあったのに、絶対にハロプロを嫌いにはなれないのはなんでだろう?悲しいほどバカで情に流されやすい事務所はまだまだ許す気はないけど!まだ受け止めきれてないけど!わたしの大好きなカントリー・ガールズをこれからもゆっくりといっぱい応援し続けていくことにします!また山木T着ていつでも会いに行くからね!いつでも戻ってきてね!梨沙ちゃん!!

 



f:id:lm85cm:20170611172735j:image

 

 

ありがとう。ごめんね。だいすきだよ!ばか!

 

 

すごいと思ったつんく♂さんの歌詞(スマイレージ編)②

 

今回は第2弾、すごいと思ったつんく♂さんの歌詞 スマイレージ編です。スマイレージって良曲・名曲・神曲の3つにしか分けられないくらい曲がすごい。はずれが全くない。スマイレージの全部が好き。アンジュルムの春ツアーで24曲中9曲がスマ時代の曲という大勝利なツアーとなりました。そんななか私は就活でどれも参加できないというすれちがい通信です(辛い)。最近はもっぱらスマ時代の映像を観たり曲を聴いていると同時にスマロスが襲ってきてもう一度、4人時代そして6人時代のスマイレージに会えないだろうかとどこにもぶつけられない感情でうつになりそうなのでこのブログで発散したいと思います(;;)ちなみに第1弾の記事はこちらです〜〜!第1弾の記事はたくさんの方が読んでくださっているみたいでとっても嬉しいです(;;)ありがとうございます(;;)

 

lm85cm.hatenablog.com

 

 

  

 

好きよ、純情反抗期。

2012年8月22日発売の11thシングル。第11回ハロプロ楽曲大賞21位。今までひたすらに「カワイイ」「悪ガキ」要素たっぷり王道アイドルソングが多かったスマイレージがこの曲でスマイレージの新境地を開拓してくれたと思います。つんく♂さん節全開のTHE☆ハロプロソング。

 お母さんだって 夢中で誰か愛した事あるでしょう

今までごく普通の真面目な子として生きてきた女の子が、"君"と出会って、真夜中に抜け出してしまうくらい どんな時でも会いに行きたくなっちゃくらいにすべてが変わった。「友達に反対されていろいろ言われてしまうのもわかる。受験が近づいてきてることも分かってる。 自分が背伸びしていることも知ってる。それでも好きで大好きで好きすぎる抑えきれない精いっぱいの愛をぶつけたいの。ごめんなさい」っていう感じでしょうか…「反抗期の女の子の純情な感情」が切なくなるくらいに伝わってきます。そしてこの「お母さんだって夢中で誰か愛したことあるでしょう」です。お母さんだって…夢中で…誰か愛したこと……あるでしょう……キラー・フレーズの極み。この歌詞がめちゃくちゃにお気に入り。過去形なところもなんだか意味深でいろんな考え方ができますよね…お母さんだって夢中で誰か愛したことあるでしょう?だから後悔なんてしないわ だって私の人生だもんってやっぱりガキな感じが最高にたまりません1…(褒めてる) 

ameblo.jp

 

  

 

さよなら さよなら さよなら

2013年5月22日発売の「②スマイルセンセーション」収録曲。第12回ハロプロ楽曲大賞96位。私の大好きなAKIRAさん編曲です。

 恋はいつも急に落ちて 愛は突然裏切る

これまでアイドルの彼との別れの曲といえば「もっとずっと一緒にいたかった…あなたのこと忘れない…ありがとう…幸せだった」みたいな楽曲が多い傾向にありますが、スマイレージは違います。スマイレージが振る側です。「どうしてこんな奴に惚れたんでしょ」「ヒールで思いっきり踏みたいわ」まで言ってくれます。清々しい!!歌詞を見る限り、彼の浮気が原因のよう…「途中経過とかどうでもいいの」「泣いても無駄」の歌詞から彼が言い訳をしてる姿が浮かぶ。「楽しかったあの日たちのことは 胸にしまってあげるわ」「楽しかったあの日たちまでを 嫌いにさせないでよね」……;;

M-09「さよなら さよなら さよなら」
シャッフルにはねている曲なので、すごく高いレベルの歌唱力を
要求されます。
ですが、この曲も意外にもすんなり、このリズムを歌いこなすという快挙。
恋愛の最後の場面。
男に恨みの1つ2つを連呼してる瞬間って所でしょうか。
修羅場を楽しんでくださいませ!! 

つんく♂さんのライナーノーツより抜粋) 

 

 

 

黄色い自転車とサンドウィッチ

2012年5月30日発売の「スマイレージ ベストアルバム完全版(1)」収録の書き下ろし新曲。 第11回ハロプロ楽曲大賞32位。大名曲。めちゃくちゃに良い曲なんですがどうしよう。「ずる~い!」「ズッチャーン」「うん大丈夫!」「本当?まじで?」のセリフや合いの手がなんともスマらしい。つんく♂さんが「自転車」って言ったら本気モードだ!!サイクリングデートがとってもかわいく表現されています。この歌詞を見てつんく♂さんは天才だなって改めて思いました。

 黄色い自転車 私はどこでもついて行く 
 君の後ろ姿 なんか愛おしい 
 お弁当広げて食べましょう 
 ちょっと型崩れても 愛情に変わりはないし

夕暮れ 恋の時間のように一曲で最初から最後まで一つの物語になっています。つんく♂さんでいう「1番から3番までず~っとページをめくるように進んでいく曲」です。とにかくかわいい。すべてがかわいい。やっぱりスマイレージはこうでなくっちゃ。ママチャリに乗る女の子と15段階変速の自転車に乗る男の子が、5つ向こうの駅の自然公園までサイクリングです。自然公園についたら少しだけ型崩れしちゃったサンドウィッチとポテトサラダを食べたあとに、お散歩をします。私はどこでもついて行くよ。この二人が平和すぎて泣けてくる……自然公園が二人のお得意のデートコースなところも中学生らしさがあって絶妙に良い。「ゆっくり今日は行くから」なんて言う男の子を後ろを必死に自転車を漕いでついていく女の子。坂道が続くけど…うん!大丈夫!って自分に語りかける女の子がかわいい。二人が並ばずに自転車を漕ぐんじゃなくて男の子が先を行っていてその後姿に向かって「私はどこでもついて行く」って心の中で思う女の子がかわいい(2回目)。お弁当は型崩れしちゃったけど愛情には変わりないもん!な女の子が可愛い(3回目)。絶対、男の子も型崩れに何も触れずに「美味しいね」って食べてくれてる。

  

 

 

自転車チリリン

2011年8月30日発売「有頂天LOVE」のカップリング曲。第10回ハロプロ楽曲大賞26位。カップリング曲にしておくのがもったいない。夕暮れの土手をゆっくり歩きながら聴きたい。イントロのオルゴールが印象的なノスタルジックな楽曲です。あやちょのラストの「ちりりぃ~~~ん」の声が可愛すぎて19940801回リピートしました。

 うれしかったな風邪で休んだ 
 その夜 現状うかがうメール来た 
 あの日みたいに鳴らないかしら 
 そしたら 素直になれそう
 やっぱり そんなの無理かな 
 あいつに チリリン

自転車チリリンの歌詞を調べていたら、Yahoo!知恵袋のとあるページにたどり着きました。ベストアンサーの方の受け答えが素晴らしすぎたので引用させていただきます。

『これは「鳴らないかしら」と歌詞には書かれてますが、本質的には「成らないかしら」という意味だと思われます。つまり、素直に自分の気持ちを告白できそうな雰囲気に過去に一度は「成った」ことがあり、そのときみたいに「成らないかしら」と想像しているわけです。歌詞でも自分をダジャレ言う人間であると説明されているので、この部分でも同音異義語を用いたシャレで楽しんでるという要素もあるでしょう。』

『やっと築き上げた今の友達としての関係すら振られることで壊しかねない告白という行為に、不安を抱きながらもかすかな希望を持って葛藤してる乙女の気持ち」という解釈で、多分歌詞が冒頭から最後まで、簡潔に説明できると思います。』

『蛇足ですが、「チリリン」というのも、実際は自転車のベルの音ではないでしょう。
多分、彼への恋心で胸キュンになる状態を表していると思われます。』

 

この方にお礼の知恵コイン100,000,000枚差し上げたいと存じます。

「チリリン=彼への恋心で胸がキュンとなっている音」とかやばい(やばい)。私の語彙力もやばい。 

 

 

 

ねぇ 先輩

2013年5月22日発売の「②スマイルセンセーション」収録曲。第12回ハロプロ楽曲大賞62位。最高に最高にかっこいい。熱すぎる!!!この曲といえば「ねぇ 先輩」→「大人の途中」→「さよなら さよなら さよなら」というストーリーを勝手に考えています。イントロとサビのダンスがお気に入り。かにょんの「覚悟出来てるぅううぅう~~~~!!!!」が最高オブザイヤー。

 好きなのに 理由とか あるわけないじゃん
 優しい人を待ってるの それがあなたよ 先輩

「勇気を出して告白したのに、先輩はいつもごまかしてばかり。そのくせデートの途中には仕事のお話持ち込むし、難しい言葉をちょいちょい入れて話してくる。子供扱いしないでよ。私に興味がないの?モテるタイプよ…わたし。」は~~~~このクソガキ~~~たまらん~~!!!(最高に褒めてる)。ねぇ先輩!ねぇ!私を愛してください!ねぇねぇ!先輩!あなたを待っているの!!って背伸びしている感じが可愛い。

強気な言葉が連発される曲ですが、恋愛そのものはピュア。ただ、先輩のくせして、そこでおしまい!?的な女子の覚悟が感じられますねぇ~。

男前な曲に仕上がったと思います。ツアーでも盛り上がったように、アルバムの中でも刺激的な部分に属してます!

つんく♂さんのライナーノーツより抜粋) 

www.nicovideo.jp

 

 

ショートカット

 2011年2月9日発売のメジャー4thシングル。第10回ハロプロ楽曲大賞4位!イントロの生きる希望与えてくれてる感すごい。スマイレージに出会えてよかった。「この曲はアイドル王道ソングみたいなすっごいかわいい曲。振り付けも今回ガニ股が1回しか入ってなくて、結構貴重なんです」*1 って発言するあやちょがあやちょでした。いや、1回入ってるんか~い!ってツッコミたい。この曲といえばやっぱりラストのさきちぃの「旅した~~~~~い!!」ですよね…;;

 そんで 出来るならばやっぱ 
 あいつと腕を組んで 世界中を旅したい!

「新しい洋服を買って…有名店のスイーツを食べて…いっぱい恋して…いっぱい目立って…いっぱい友達作って……そんで出来るならばやっぱりあいつと腕を組んで世界中を旅したい!」

→ \(^o^)/お\(^o^)/手\(^o^)/上\(^o^)/げ\(^o^)/

「いっぱいやんちゃして いっぱい学んで 失敗したってくじけないもん!怖いことが一個あるとしたら…それはこの若さのパワーかも!」

→ ♬@☽ぉ↓sr🌌😢ポ💗♪(お察しください)

20歳を超えてからは「いっぱい(アイドルに)恋して…玉の輿に乗れる方法を探して…食べても太らない体型になって…そんで出来るならばタダで世界中を旅したい!」思考になりました。 

ameblo.jp

 

 

 

スマイル美人

2010年7月28日発売の「○○ がんばらなくてもええねんで!!」のカップリング曲。第9回ハロプロ楽曲大賞57位。かにょんの「バイバ~~~~~イ」が胸に響く。この下に貼っている動画の2秒~6秒のセーラームーン感凄いのでぜひ見てほしい。光のあたり方とポーズとカメラワークと音ハメのそれぞれが最&高です。ありがとうございます。

 デートしてるの 見ちゃったの 砕け散る初恋 
 楽しそうに歩いてた 好きにさせた後に 

初恋の彼が楽しそうにデートしている姿を目撃してしまった女の子がもう当分スマイル美人に戻れそうにないなあっていう歌詞。彼と一緒に歩いていた女の子は誰だろう…確認する勇気もでないし、奪い取る自信も今の私にはない…毎日話しているだけで毎日眺めているだけで幸せだったなという女の子。スマイル美人でいれたのは彼の存在のおかげだったわけですね……彼も女の子から好意を寄せられていることに気付いていなくて何気ない顔で話しかけちゃうんだよねえ…「友達みんな優しいのが 反って胸に響く」という歌詞のわかりみがすごい。「元気出しなよ~もっと良い人現れるよお~」ってやつですよ。ところどころ自分の経験にちょっと似ている部分がある。 

 

 

 

私、ちょいとカワイイ裏番長

2012年11月28日発売の「寒いね。」のカップリング曲。第11回ハロプロ楽曲大賞20位。ちょいカワ!ちょいカワ!ちょいカワ!ちょいカワ!「ちょいとカワイイ」という単語のあとに「裏番長」の単語をくっつけるセンスに脱帽。ライブでこの曲が流れたら盛り上がるしか選択肢がない。キラーチューンナンバーの登場です!スマイレージに隙なし!めいめいの歌声が非常に活きてる。

 私の愛を軽く見るな 
 100年くらいじゃ びくともしない 
 宇宙規模の愛の距離感 
 浮気するなら かっこよくどうぞ

ロックンロール!な迫力ある曲調とは裏腹に歌詞は女の子の繊細な乙女心が絶妙に表現されています。「いつもはかわいこぶりっこしているけど、実は心の中では気合入っている。好きでたまんない彼は頼りないからいつも可愛いね~ってごまかしてるけど、たまにはかっこいいとこ見せてキュンキュンさせてよ!…そんなところも好きだけどね。彼に本音を言えないけど、今夜は私の本音を言うね!そこらへんの女と一緒にしないでよ!100年くらいじゃびくともしないくらいの私の愛を軽く見ないでよね!まあ、優柔不断で頼りない彼だけど、浮気するときくらいはかっこよくすれば?」っていう歌詞。この立ち向かって戦う女の子っぷりを見ると胸が熱くなる…タイトルにある「裏番長」について全く触れないところが逆にイイ。「ちょいとカワイイ」って文字列がスマらしくて好き。「ちょっと」でもなく、「ちょっぴり」でもなく、『ちょいと』。ちょいとカワイイ略してちょいカワ。最高。

 

 

 

同じ時給で働く友達の美人ママ

2010年9月29日発売の3rdメジャーシングル。第9回ハロプロ楽曲大賞47位。ライブでめちゃくちゃに盛り上がる曲。一緒に「スキ!」と叫ぶのが超楽しい!「サビが早いビートを刻んだり、急に倍のリズムになったりと忙しさを強調しているのが、お店の忙しさがでればいいなという演出」だなんてそりゃあもうつんく♂大先生に一生ついて行く。さきちぃの「韓流ぅうう↑」みたいな独特な歌い方が癖になるし、あやちょの存在は奇跡だし、ゆうかりんとかにょんのセリフが良い味を出しています。

 恋愛とか あこがれだし
 見てるだけで十分だったのに

最初にタイトル見たときは「?」となったけど歌詞をみたらなるほど~…ってなりました。アルバイトの学生と、最近入った友達のママが「店長」を取り合うんです。なさそうでありそうな、ありそうでなさそうな感じがこれまたリアルさを出している。背が高くて癖っ毛な店長に恋していた女の子の前に突然現れた恋の宿敵。私の方が先に店長のことツバ付けたのに、私の方が先に店長のこと好きになったのに、クラスメイトのママは、わからないことをわざわざ店長に聞いてうまく頼ったり、さりげなく肩に手を置く大人技を使って近づこうとしてる。学生の私には色気も胸もない…も~う邪魔しないでよ~~~!誰かのものになるなんてありえな~~い!っていう歌詞。

ameblo.jp

 

 

 

良い奴」

2013年12月18日発売。第13回ハロプロ楽曲大賞27位。 最高のスルメ曲。イントロのピアノがめちゃくちゃ良いうえにラストも同じなのがたまらない。サビの疾走感が気持ちいい。女の子のこの独特の面倒くさい部分がこんなにうまく表現できるつんく♂さんの中には女子中学生がいるとしか考えられない。

 性格も大人しそうな子だから 
 束縛出来そうな気がしたの?

この曲は、つんく♂さんのライナーノーツが全てを語ってくれていて、これ以上に付け加える言葉が出てこないので、引用させていただきます……

タイトルの「良い奴」ですが、
世間的によく言う「良い奴」とはもしかしたらちょっと違うかもしれません。
世間的に言う無難な「良い奴」というのではなく、
「とても良い印象で、興味もある「良い人」」というこの感じ。

年齢的に、少し年上の男性。
少々チャラいかもしれない、もしくは年齢的にも少し上なので、
見えない部分もあって、100%踏み込めない。
そんな距離感だろうか。

遊んでても、電話で話してても、悪い感じのしない人。
マメだなぁとも思うし、優しいなぁとも思う。

でも、これってただ付き合いたいから口説いてるのかなぁ・・とか。
じゃあ、付き合ったらどうなる!?
みたいなちょっとした不安がまだ残っている。
若さゆえ、ドーンと彼の胸に飛び込む程の好き好きパワーがあるわけでもない。
でも、嫌いではない、好きなんだろうけど、
でも、何かを捨ててまで全てを鵜呑みにするような感覚ではない。

そういう気持ちから来る「そうなのよねぇ、とても良い奴なんだけど、
今すぐ付き合いたいって言われると・・・私にも私で今すべき事もあるし・・・」

 

 

 

学級委員長

2010年12月8日に発売された1枚目のオリジナルアルバム『悪ガキッ①』の収録曲。第9回ハロプロ楽曲大賞85位。スマイレージのバラード曲で一番好き。名曲すぎていつも泣きそうになっちゃう。この曲はオールユニゾン。これがまたいい。そして間奏のさきちぃとかにょんのフェイク。これがまたすごくいい。

 急に呼び捨てされたあの日 
 すごく嬉しかった 
 好きになった瞬間

これまた歌詞が素晴らしいストーリーになっていて、運動神経抜群!成績優秀!みんなに優しいモテモテの学級委員長に密かに片思いしているごく普通の目立たない女の子視点です。朝の教室を入ってくるときに「おはよう!」って挨拶する男子とかめちゃくちゃいいやつじゃん…そんなの好きになるじゃん…。ノートの隅に小さく委員長の名前を書いて、お昼休みのチャイムが鳴った瞬間に友達と売店に走っていく委員長の姿をみて委員長にお弁当作ってあげたいなって妄想して、委員長が好きなバンドの曲ばかりを聴いていたら委員長に近づく気がして……。こんなに素敵な委員長だからいつかはきっと素敵な彼女ができるんだろうなあって思ってる女の子を抱きしめてあげたい。このまま会話もないまま今日という日が終わって、明日も心の中でおはようって言うんだろうなあと思っていた時に、委員長から「お~~い!○○!」って下の名前で急に呼び捨てされるんです。あんまり会話したこともないし、目立たない私を呼び捨てしてくれたことが嬉しくってすごく嬉しくて、今まではなんとな~く素敵だなあと思っていたけど、呼び捨てされた瞬間が彼を好きになった瞬間になったというわけですね…。この委員長ほんとずるい男だ。みんなに男女関係なく分け隔てなく接して、同性からも好かれるタイプだし、先生からも気に入られるし、優しくて文武両道で(多分顔もイケメン)、委員長絶対いいやつじゃん……あぁこの先の2人の関係が気になって仕方がない…

 

現在唯一のバラードナンバー。エコーたっぷりで仕上げました。

良くある歌の設定だと、学級委員同士の男女だったり、
不良にまじめな女子とか、運動系の男女とかね。

でも、この設定は学級委員長で、元気でモテモテな男子と、なんてことのない普通の目立ったことのない女の子の歌。

なので、ほんと一方的。絡み無しなんですよ。


いつかの何かの時に「お~い○○○」って名前を呼び捨てされたその一言で恋しちゃった女の子の歌。
おはよう!って全員に向かって教室に入ってくる男子に
心の中で返事してる女子ってなんか良くない!?

スマイレージの4人とのシンクロ率がどれくらいかは
まったく予想出来ないけどね。

つんく♂さんのライナーノーツより抜粋) 

 

『おはよう!って全員に向かって教室に入ってくる男子に心の中で返事してる女子ってなんか良くない!?』

 

めちゃくちゃ良いです。

 

 

 

 

まとめ

これまで2回にわけてつんく♂さん作詞のスマイレージの楽曲を紹介してきました。もうわたしはスマイレージが好きで大好きで仕方ない。スマイレージの全部が大好きです。初期スマも6スマも全部が大好きです。今は『スマイレージ』という名のグループは存在していませんがスマイレージは私の心の中では永遠の悪ガキアイドルです。二つの記事で合計約15,000文字、ポエマー風の拙い文章でしたがここまでお付き合いいただきありがとうございました(;;)スマイレージ大好きです!!!!!

f:id:lm85cm:20170606001531j:image

 

スマイレージ、永遠に。

 

こぶしファクトリー ライブツアー 2017春 〜PROGRESSIVE〜 に行ってきました

 


f:id:lm85cm:20170524122326j:image

 

こぶしファクトリーにとっては4thツアーですが私にとって初めての単独ツアーに行ってきました〜〜!本当は就職活動に専念すべきなんですが、いろいろと疲労困憊でそろそろリフレッシュしないと消えてしまいそうだったので急遽行くことにしました!!!!!!!!!!藤井里央ちゃんの卒業発表もあり…8人最後の単独ツアーということでこれは行かないと後悔するぞ!と自分に言い聞かせて癒しを求めて行ってまいりました~~~~!!!!

感想を統括すると「こぶし最強ファクトリーの野村みな美さまのことが好きすぎてどうしたらわかんねぇ………」でした(?)1曲ずつの感想やレポも書きたいですが、まるで天国のような夢の時間だったため記憶が曖昧な部分が多いので、メンバーごとの感想を自分用にメモ程度で書き留めておきます。

  
f:id:lm85cm:20170525003551j:image


れいれい(井上玲音ちゃん)

びっくりするくらいにかわいい。かわいすぎてびっくりする。細い…かわいい…足長い…目が大きい…笑顔が可愛い…歌がうますぎる…まるでお人形のようなれいれいでした。歌の安定感は抜群。声量と伸びとすべてが完璧でした。アンブレラをわざと忘れたいし、目覚ましもわざと鳴らせたくない(?)少し尖った犬歯を光らせて意地悪そうに笑う顔がとってもかわいい。「ねえ~意味わかんないから早く進行してよ~~」ってお姉ちゃんにいうれいれいが好き。グループの末っ子が毒舌って最高じゃん?
 
 
らっこ(和田桜子ちゃん)
マシュマロみたいにふわふわしていてとっても癒されました♡ 笑うときも三日月目になっていてとにかくらっこの存在はアロマテラピー。らっこはパワースポットでした(?)何度も言いますが、らっこの歌声はこぶしファクトリーには絶対に必要。身長が高いのでお立ち台に立つと上の照明に手が当たってしまって「!?」とびっくりした後に自分の手よりも先に照明を気にして「フフ♡」って照れ笑いするらっこがその瞬間宇宙で一番可愛かった。懸命ブルースの最後の「これがこぶしの懸命…ブル~ゥウ~ウゥ……ッ~ス…」の歌い方最高に色気がすごい。(わかるひとにはわかる)
 
 

たぐっち(田口夏実ちゃん)

良い意味で永遠の悪ガキ。こういうメンバーもグループにも必要だよね。パフォーマンス中にたぐっちとアイコンタクトできたら元気100倍でそう。たぐっちとアイコンタクトしたメンバーだいたい爆笑してるし、たぐっちの周りはとても平和だった。向かい合ったメンバーや近くにいるメンバーには毎回変顔するし話しかけるし、袖にはけて水分補給して戻ってきたと思ったらマイクを袖に忘れて取りに行くし、「小川麗奈ちゃんに口紅を借りたので少しは大人っぽくなれたんじゃないかなと思いま~〜すアイシャドウも水色を付けましたがただ化粧が落ちたみたいになっちゃったので、夜公演は違う色にしま〜〜す」THE☆適当。だがそこがいい。桜ナイトフィーバーのラスト「夜は眠りた~い♡」の愛おしさは異常でした。

 
 
浜ちゃん(浜浦彩乃ちゃん)
浜ちゃん生まれてきてくれてありがとう。アイドルの道を選んでくれてありがとう。やっぱり浜ちゃんのエース感はすごい。やっぱりこぶしファクトリーのセンターそしてエースは浜ちゃんであってほしい。ダンス・歌唱・ビジュアルの総合レベルは圧倒的。すでに完成しているけど、まだまだ伸び続けるアイドル。他のメンバーがセンターに立ってももちろんかっこよくてすごく良いけど、浜ちゃんがセンターになったときやっとこぶしファクトリーが完成したと思えるくらいに浜ちゃんの存在は大きい。そして、浜ちゃんのとっても落ち着いていて冷静でクールでそこがまたかっこいい。そしてスタイルがとんでもない。足長い・顔小さい・細い・くびれ。浜ちゃん本当にすごい。
 
 
れなこ(小川麗奈ちゃん)
圧倒的に顔が好き。ハロプロの中でもお顔が好きランキング上位のれなこです。びっくりするくらいに目が大きくて瞳が綺麗。髪も綺麗なストレートで赤い口紅つけて大人っぽくなっていました。全く汗をかいていなくてとっても麗しい…れなこの良い意味で気怠そうな感じが好きです。れなこ「ハウステンボス長崎県では有名らしいですよ~!(ドヤ顔)」あやぱん「いや全国的に有名でしょ!」というツッコミを受けて「あれ~?そうなんだ~??」っていうれなこ。佐賀県富山県と言い間違うれなこ。安定のれなこ。見た目は麗しいクールな美人だけど口を開くといつものれなこで安心しました。
 
 
あやぱん(広瀬彩海ちゃん)
これまたあやぱんもべらぼうに歌が上手い。あやぱんがマイク持った瞬間の安心感はすごい。MCの喋りも安心するし、ステージ上で楽しそうにしているし、アイドルを楽しんでるなあってあやぱんがリーダーで良かったなあと心の底から思っていました。歌っているときの真剣な表情や、みんな私についてきなとも言わんばかりの姐さん感に惚れました。とにかく今回はあやぱんの安心感に包まれたライブでした。そしてあやぱんは爆レスの女神。あんなにやさしいアイドル…初めて…(りさまる風)。めっちゃ笑顔で見てくれるし、指さして踊る振りもファン1人をめがけて差してくれるし、手も振ってくれるしうなずいてくれるし、広瀬彩海さんほんとにすごい。ターコイズを振りたいと何度思ったか…広瀬Tを着たいと何度思ったか…。ハロプロのグループにそれぞれ「この子のファンになったら幸せだろうな」っていう子がいるじゃないですか。(主観)こぶしファクトリーではあやぱんでした。あやぱんのファンになりたい。

 

梨央ちゃん(藤井梨央ちゃん)
梨央ちゃん~~~~~(;;)今回のツアーはいろんな意味が込められていて、梨央ちゃんが出てきた瞬間泣いてしまった。バッチ来い青春!の「かっとばせ~~~!梨央ちゃ~~ん!」のコールが楽しくてみんな大きな声で叫んでいてめっちゃ泣いた。梨央ちゃんの色素薄い茶色い瞳ととても綺麗で白い肌が本当にだいすき。8人のこぶしファクトリーのツアーに参戦出来て本当に幸せでした。アイドルの梨央ちゃんの姿をこの目に焼き付けたい!梨央ちゃんだいすき!

 

 

野村みな美さま(野村みな美さま)

いや~……好きです大好きです…。本当に本当に好きです。ステージ上の煌めきは本当に眩しくて楽しそうでかっこよくて真面目でかっこよくてかわいくて熱くて最高でした。「
タンタンタタタン♪」とかのリズムを口ずさみながら踊っているし、奥の方まで気にかけているし、公演中一回も手を抜いている姿は見なかったし、常に全力でかっこよくて誰よりも輝いていて、わたしがみな美さまで一番好きなのがキラキラよりもギラギラ輝いてパフォーマンスしてくれるところです。だって他のメンバーが変顔しあったり、小声で話しながら踊っているときもみな美さまだけは一人でこ~んな顔して歌って踊ってるんです。目力で殺されるかと思いました(嬉しい)(本望)。

f:id:lm85cm:20170525004341j:image
「懸命ブルース」の「これがこぶしの懸命ブルース」のソロパートの後にお立ち台からそのまま後ろにジャンプして跪くときにだいたい目線が一緒になったんですが、表情がすごすぎてあの表情が一生忘れられない。戦に行く前の武士の目でした。(わかりにくい)冷たくて鋭いけど瞳の中はギラギラに燃えている感じ…まじで野村みな美さまは青い炎。「ラーメン大好き小泉さんの唄」でも他のメンバーは緩く踊っているところも、頭を振り回して乱れた髪を気にせず踊る野村さま…髪まで武器にしている。かっこいい、かっこよすぎる。
  

歌っているときも目をギラギラさせて自信満々に歌う姿がとってもとっても好き。みな美さまが歌っているときにハロプロ研修生時代のみな美ちゃまの頃を思い出して、あ~いっぱい努力したんだなあってたくさん成長したなあって勝手に思い出して勝手に泣いてました。みな美さまの「念には念を入れるんだ」も最高の仕上がりでした。


f:id:lm85cm:20170524122444j:image

This is 運命の台詞パートを言うときにお立ち台に立ったみな美さまが本当に目の前でして…泣きました。後光が差していて拝みながら見つめていました。みな美さまが真剣な目で「あなたには、私しかいないはずよ。だってこれは、運命だから。」って言ってくれるんです。あ~~~もうここでわたし号泣でした。こうやって野村みな美さまをリアルタイムで応援できること、野村みな美さまを推させていただいていること、これは運命です。私には野村みな美さまがいる。だってこれは運命だから(号泣)


f:id:lm85cm:20170524233600j:image

はたまたMC中は「ハウステンボスって長崎県にしかないのお~~?」とか言い出すしもうやだ、かわいい。話すときの声の可愛さ愛おしさにキュンキュンする。あんなにパフォーマンス中はかっこいいみな美さまがMCになった瞬間バブいみな美ちゃまになるギャップから一生抜け出せそうにはない。

ライブ終わりにメンバー全員と握手会がありましたが、みな美さま以外のメンバーはあまり記憶がないのでぜひいつかリベンジしたい。ちなみにみな美さまには「た"い"す"き"~~~~;;;(必死)(泣きそう)(化け物みたいな顔)」って言ったら「え~~~~♡!ありがとう~~!嬉しい~~~!」って言ってもらえた。手も振ってもらえた。我が人生に悔いなし。みな美さまの対応が一番良かったです(贔屓目)

 

 

★自分的に楽しかった楽曲ランキング

  1. This is 運命
  2. 懸命ブルース
  3. 念には念

★推したいメンバーランキング

  1. 野村みな美
  2. のむらみなみ
  3. ノムラミナミ
 
8人のこぶしファクトリーの単独ツアーに入ることが出来てとってもと~っても幸せでした!アイドルって愛おしいな儚いなあって泣きながら見つめていました。バッチ来い青春で円陣を組むときも変わらずみんな楽しそうに笑って顔を見合わせていてあ~幸せだなあって。まだまだ梨央ちゃんが卒業することに実感は全くないけど、もっともっと8人のこぶしファクトリーに会いに行けたらいいなあ…!これからもこぶし最高ファクトリーです!!!!本日、5月24日はこぶしの日ということで今日中に間に合うように急いでブログを書いたので拙い文章ですが、最後までお読みいただいた方いましたらとっても嬉しいです(;;)ありがとうございました~~~~~!
 
 
 
野村みな美さまだいすきです
 

工藤遥ちゃんの卒業発表に思う。

 

 

 

 

2017年4月29日、モーニング娘。'17の工藤遥ちゃんが今秋ツアーをもってモーニング娘。及びHello! Projectを卒業することを発表しました。

 

 

モーニング娘。'18に工藤遥ちゃんがいない。来年からは"元"モーニング娘。工藤遥ちゃんになる。私の大好きなあの楽曲もこの楽曲にも工藤遥ちゃんがいない。端から端を見渡してもオレンジ色に包まれた工藤遥ちゃんの姿を見つけられない。

 

工藤遥ちゃんが卒業するだなんて全っっく考えていなかった。10期最年少が1番に卒業しちゃうなんて思ったことは1度もなかった。「工藤遥ちゃんが卒業する」という文字の羅列を見ても全く理解が出来ていない。だからこそ、驚きとショックと不安と寂しさとで胸がとっても苦しくて…この行き場のない想いをこのブログで正直に思ったことを好きなだけ書いてみることにします。頭の中を整理して自分を落ち着かせて向き合ってみます。頭に浮かんだことをそのまま正直に書いているので失礼な文章の表現もあるかもしれませんので、スーッと読み飛ばしてください。すみません…(;;)

 

 

突然ですが、工藤 遥ちゃんみたいなアイドル2度と現れないと私は思っています。美少年と美少女の交点に立つアイドル。ハスキーボイスだけど透明感のある甘い歌声。黒髪ショートカットのエンジェルフェイス。「美少女のイケメン」「ハスキーボイスでエンジェルフェイス」って矛盾しているけどそこがハルちゃんのもつ不思議な魅力。自分がもしもハロメンになってコンサート終わりにタオルで汗を拭きながら歩くハルちゃんに「お疲れ!」と廊下ですれ違いざまに言われたら19991027%恋をしてしまう。汗かきで、涙脆くて、負けず嫌いでメンバーもファンも大切にしてくれる、応援してよかったって思わせてくれるアイドル。イタズラが大好きで八重歯を見せて笑う笑顔が大好きです。その一方で、ナルシストという最高に愛おしい要素も持っている。いろんなハロメンにハルちゃんが愛されていて憧れていて…人間味溢れるハルちゃんがとっても大好きです。最初はほとんどパートもなくて端で踊っていたハルちゃんも今はパートも増えてセンター曲ももらって、歌・ダンス・ビジュアルの全てにおいて主要メンバーにまで成長し、ハルちゃんのアイドル人生はこれからだと思っていました。

 

鞘師が卒業をした発表した日にTwitterで流れてきたあるツイートがとってもいろんな意味で忘れられません。「道重が卒業したときは鞘師がいた。鞘師が卒業するときは誰もいない。」みたいなの。この意見もまあ分かるけど、私はどこか心の中で「鞘師が卒業しても工藤遥がいる」って無意識に思っていました。私は10期大好き人間で佐藤優樹ちゃん推しの人間なんですが、工藤遥ちゃんがいるモーニング娘。を応援できることが誇らしかったんです。モーニング娘。工藤遥ちゃんがいることが誇らしく思っていたんです。そのくらいに私にはハルちゃんの存在が大きくて誇らしくて…言葉に表せられないけど、とにかくハルちゃんの存在って奇跡だなといっつも思っていました。

 

何よりも寂しいのがまーどぅーがまーどぅーじゃなくなっちゃうこと。まーどぅーを超えるコンビはハロプロにはもうきっとない。昔はまーちゃんが「どぅーは誰にも取られたくないもん…まーちゃんだけのどぅーだもん……」といじける姿をよく見かけていたのに、今となってはナルシストなハルちゃん節が炸裂すると「勝手にすれば?もう知らない」って冷たく返されてハルちゃんが「……えっ?……?」って困惑する姿がたまらなく好きです。まーどぅーは正反対の性格や見た目だけど、お互いあと一つのピースが見つかったらそれはまーどぅーの存在だったみたいな感じ(?)気持ちよいくらい何もかもがピッタリはまって、まーどぅーの絶妙なバランスと友情を超える絆が大好きです。お互いがお互いを必要としていて本当に完璧なコンビ。そんなまーどぅーを見られるのも今年まで。突然カウントダウンがスタートして、まーどぅーがまーどぅーじゃなくなっちゃうのがとってもとっても寂しい。

 

このTwitterには1億回いいねを押しました。私も何にも根拠はないんだけど、まーどぅーがモーニング娘。そしてハロプロの未来を背負っていくんだって勝手に思っていた。ハロプロそしてモーニング娘。のリーダーになるハルちゃんの未来を勝手に夢見ていた。まーどぅーユニットでシングル出して…イベントをして…バスツアーをしてくれるかもってウキウキしてた。小学生で加入して、中学生になり、高校生になって、一緒に振り袖姿で成人お祝いイベントするっていうのも勝手に想像してた。あゆみちゃんとはるなんが振り袖姿のまーどぅーを見て号泣して、それを笑う小悪魔まーどぅーだって想像してた。勝手に私が考えていた未来だから、その通りになる証拠は全くないんだけど、まーどぅーはずっと一緒だって何故か勝手に思っていたからこそ、2018年からはまーどぅーじゃなくなっちゃうのが信じられない。勝手に未来に期待してしまうくらいにまーどぅーの存在は運命だった。悔しい。

卒業公演の日、オレンジ色の綺麗なドレスを着たハルちゃんにまーちゃんはなんてコメントをするんだろう。第一声はなんだろうって考えただけで泣けてくる。この瞬間は伝説の瞬間になるって確信してる。鞘師には「やっさんの嘘つき~~!!!」という言葉を残したまーちゃん。ハルちゃんにはどういう言葉を贈るんだろう…ああ無理だ…。ハルちゃんの卒業をまーちゃんが見送るということと同時に、まーちゃんの卒業公演にはハルちゃんの姿がないということが信じられないし、信じたくない……。まーどぅーは一緒に卒業するんだってこれまた勝手に思っていた。色違いのドレスを着て思い出の曲を手を繋いで歌って後輩に囲まれて幸せそうに笑顔で卒業する未来を描いていた。ダブルアンコールでめっちゃ泣ける良い雰囲気のところを最後の最後で「モーニング娘。の佐藤〇?☆%…でした…!」って名前を噛んじゃうのを「ちゃんと言いなさいよ!」って笑いながら突っ込むハルちゃん。そして最後は仲良く手を繋いで「モーニング娘。佐藤優樹工藤遥…まーどぅーでした!」って声を揃えて叫ぶって言うのを一人でずっと想像してました。ああ…死にたい。

 

この件で改めて実感したこと。

私は「アイドル」を応援することが好きなんだということ。

 

推しのペンライトの色を照らして、推しの名前が書いたTシャツを着るのが大好きです。大好きな楽曲を聴いたり一緒に踊ったりするのが大好きです。毎日推しのブログを読むのが大好きです。コンサートが始まる瞬間がとっても大好きです。握手会に行って短い時間で想いをどう伝えようか試行錯誤して目の前で話せる時間が大好きです。推しの成長をリアルタイムで応援できる、推しの夢までの道を一緒に進んでいける「アイドルのファン」でいられる人生そして自分に満足しています。「アイドルを応援している自分」でいられるのが好きで安心していたんだろうなと思います。とにかく私は自ら「アイドル」という道を選んだ「アイドルの推し」が大好きなのです。女優さんになったら全く応援しないのかと聞かれたらそれは違うと答えるんだけど、やっぱり私はまだアイドルの工藤遥ちゃんを見ていたかった。モーニング娘。工藤遥ちゃんを応援していたかったというのがここだけの本音。女優さんを本気で応援したことがないのでハルちゃんが女優さんになったときどういう風に応援できるのか無知なのでわかりませんが、今みたいに毎日のように姿を見れなくなるのは事実だと思うので寂しい。ハルちゃんが本気で悩んで本気で出した真っ直ぐな答えなので受け止めて早く気持ちを切り替えていかないとあっという間に時間が過ぎてしまいそうです。

就活の関係で地元の春ツアーに入れなかったのが今となっては本当に本当に悔しい。こうやってどんどん時間は止まらず進んでいってしまうから、置いて行かれないようにアイドルの工藤遥ちゃんを一回でも多く見たい…後悔だけはしないように!次、会えるのは夏のハロコンだと思うんですがハルちゃんの姿見たら泣いてしまいそう…いや絶対泣いちゃう。秋ツアーもまだ行ったことのない武道館やハルちゃんの卒業公演…行きたいなあ…。

 

5月3日に公開されたハロステ!での工藤遥ちゃんのインタビューで「後悔はなさそうですね?」という問いに対して「はい!!」と自信満々に答えた姿を見て今までのモヤモヤが少しなくなりました。「卒業をファンに伝えられてちゃんと寝てちゃんとご飯を食べられる生活がおくれそうです」という言葉に、そのくらい悩んで悩んで出した答えなんだと思うと私もグズグズしてちゃいけないなと思いました。真っ直ぐな目でお芝居がしたい!と語るハルちゃんの姿にようやく向き合えたというか少しずつ私の中で気持ちが変わってきています。「ハルちゃん卒業しないで……シクシク…」と卒業まで涙を流しているよりも、「アイドルの工藤遥を頭からかかとまでこの目に焼き付けてやる!!!工藤遥ちゃんのアイドル人生を最後まで楽しむぞ!」って思ったほうが絶対に楽しいし、ハルちゃんも幸せだと思うので、簡単に口では言って難しいことかもしれないけど後者みたいな人間になりたいです…いつの日にかドラマのスタッフロールで「工藤 遥」の文字を見られる日を夢見る一人になりたいです。

 

工藤遥ちゃん自身が「ウルトラスーパーハイパー良い歌詞!」とハロプロ楽曲で1番好きな歌詞のフレーズが今の自分の心境にピッタリで、最近は君さえ居れば何も要らないばかり聴いています。

 

f:id:lm85cm:20170505040715j:plain

 

「目をキラキラさせて 僕に語った君の将来図は  ただ聞いてるだけで 胸が熱くなり 泣きそうになった」

 

 

卒業まであと約7ヶ月!!最高に可愛くて最高にかっこいいモーニング娘。工藤遥ちゃんをこれからも全力で応援し続けたいと思います。そのためにも早く就活を終わらせるぞ〜〜〜!ハルちゃん待っててね!!感謝!感激!くどぅー?感どぅー!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

工藤遥ちゃん だいすき!

 

f:id:lm85cm:20170505040406g:plain

 

 

【総括②】 Say the name #SEVENTEEN 【感想・レポ】

 

お久しぶりです〜〜!前回の更新から少し間が空いてしまいました〜…早いもので2017年も3月に突入し、私にとっては就活解禁となったと同時にドルオタ生活がしばらく禁止となりました。すでに精神と体力が削られていますが、気楽に頑張っていきます………(鬱)ブログの更新も下書きに完成した記事が10枚ほど眠っているので、就活の息抜きに更新していけたらいいななんて思っています(;;)目標は7月29日までに就活を終わらせて、つばきファクトリーの秋山眞緒ちゃんの15歳のお誕生日をイベントで一緒にお祝いすることです……が、今すぐにでもまおぴんに会いたいすぎてどうしたらいいかわからない。はあ………就活頑張ります……(鬱)

さて!気持ちを切り替えて楽しくいきます!!早くも公演から3週間が経ってしまいましたが、Say the name #SEVENTEENのレポはやっとこの記事で終わりとなりました〜(;;)!!今回は総括第2弾ということでメンバーごとの感想についてまとめます〜〜!(感想というよりはメンバーへの愛のクセが強すぎる記事です)SEVENTEENはとにかくお顔が強い。全世界の女性はこの13人の中にタイプの人が1人いるんじゃないか説。もはや、乙女ゲームの世界。は〜〜〜!12人を攻略してやっと出てくる裏ルートキャラのジフンさん(攻略難易度★★★★★★★)を攻略して〜〜〜〜〜!ちなみにミンギュは大型犬系男子なので難易度は☆☆☆★★くらいですね。話が脱線しすぎてしまったので、本題に戻ります……今回のイルコンのメンバーごとの感想書いていきます〜!!!写真は最新のビジュアルに近い、Naver Dispatchさんの写真を使わせていただきます~!*1

 

 

 

S.COUPS(エスクプス)

f:id:lm85cm:20170225112719j:plain

お顔がつよい。スンチョルの顔になりたい女の子は多い(当社調べ)。スンチョルはオッパみがすごいのに顔はゆめかわいいの世界だった。瞳にダイヤモンドをはめてるのかと思うくらい、瞳の中の世界が宇宙のように真っ暗で、でもキラキラしていた。そしてやっぱりムビステでのペンサはすごい。的確かつ1回の威力がえげつない。自分のファンをすぐに見つけては的確なペンサをして、それに喜ぶファンをみて甘い笑顔で笑うからスンチョルはずるい。でもカメラに向かって指ハートの愛嬌をしても、カメラマンとスイッチャーさんとの息が全く合わずに一回もカメラ目線できないし、「めっちゃ好きやね~ん♡」のフレーズを気に入りすぎて濫用するし、急にメンバーに抱き着いて甘えだしたかと思えば、家に帰りたくないからゆっくり話してるんですってファンを甘やかしてくれるし、とにかく私たちの統括リーダーは愛おしすぎた。

 

 

 

JEONGHAN(ジョンハン)

f:id:lm85cm:20170225110303j:plain

ハニさんは「小悪魔天使」という新しいジャンルを確立していました。ハニさんがずっと言ってみたかった「さけべぇ~~~!」がいつまでも忘れられない。わたしはハニさん=長髪というイメージだったので髪を切ったときはかなりショックだったんですが、今回の髪の切り方は大正解でした!!!!!!!!本当にかっこよかった……男前ハニさんでした……そしてMC中のふるまい方やちょっとした言動にも弟思いの優しいお兄さんなんだなあっていうのが本当に伝わってきた。ハニさんかわいい。かわいいのにかっこいい。ハニさんが好き。体感的に1番人気だった気がします…私の席の周りにジョンハンうちわがたくさんありました…画面に映るたびあちらこちらで悲鳴があがり、ハニさんが髪をかきあげたら会場の叫びで50cmくらい左にズレてました…地盤をも揺るがすハニさん(?)…だってジョンハンさんだもん…… あとハニさんも自分のファンへの対応が神。ハニさん優しい…って公演中何回も思っていました。

 

 

 

JOSHUA(ジョシュア)

f:id:lm85cm:20170225110241j:plain

お顔が強い四天王の1人。ジスちゃんの瞳は本当にキラキラしてとっても綺麗…ジスちゃんの甘々ボイスにずっとウットリしていました。そしてジスちゃんは髪が紫になっていて3次元度が高まっていました。「熱いですね~」「楽しんでますか~」ってメンバー同士の普通の会話の途中に突然「僕がみなさんを幸せにしてあげるよ~♡」ってぶっこんできてファンも「!?」ってなってたジスちゃんは世界で1番可愛かった。ジスちゃんの笑顔の治癒力がすごい。私もカメラマンだったら無意識にジスちゃんばっか撮っちゃいそう…カメラのファインダーを覗いた先の世界にジスちゃんがいる…なんてロマンチックな世界………。しかもジスちゃんのお口は「ω」って口角があがっているのが超かわいいくて猫みたいでした。メンバーのおちゃらけにいつも後ろから笑顔で見守っていたし、大人しいジスちゃんの発する言葉のひとつひとつの威力がすごかった。「また…みなさんにすごく会いたくなっちゃうと思います…」なんてさみしそうな顔で言うんだもん……

 

 

 

JUN(ジュン)

f:id:lm85cm:20170225112729j:plain

お顔がすごい。お顔が美しすぎてもはや罪だった。どうしよう…ジュンピが捕まっちゃう…。お顔の強さだけで天下とれる。個人的にジュンピの顔が大好きすぎでして……ジュンピが画面に映るたびに「…うっ…美しい…;;;」って毎回なってました。しかも今回の衣装でジュンピがチョーカーをつけていました。死にました。いつもはみんなに優しい不思議なお兄ちゃんなのに、ステージ上に立つと嘲笑うかのようにファンを上から見下していてオーラに圧倒されまくりで硬直していました。そしてジュンピのダンスの生々しく艶めかしい感じがたまらなく好きなんです………私もジュンピのお顔の団扇をもってムンジュンフィ教に入信したくなってきた。合言葉はハルスイッソ!!!!

 

 

 

HOSHI(ホシ)

f:id:lm85cm:20170225110455j:plain

SEVENTEENにはクォンスニョンがいる。』この事実があるだけで本当に心強い。絶対エースで不動のセンター。パフォーマンス中は虎のような目でカリスマ的オーラを放っているのに、MC中やステージをおりるとあざといポンコツ男の子に変身するからずるい。スニョンくんがこんなにもCARATを好きでいてくれるから、わたしたちもスニョンくんのことがこんなにも好き。CARATはみんなスニョンくんのことが好きみたいなことあるじゃん…?(当社調べ)全ての公演でスニョンくんのうちわが1番に売り切れたと聞いてスニョンくんはやっぱり物語の主人公だなって思いました(?)スニョンくんのメンバーカラーは絶対赤であってほしい。恋ダンスを披露してくれたり、メンバーのお寿司を握ってくれたり(語弊)「日本CARATちゃん」って呼んでくれたり…スニョンくんはCARATに甘々すぎて、私が過ごしてみたかった青春を過ごさせてくれます。「スニョンくんがいなかったらSEVENTEENが組めなくなるやん。」って世界の中心で叫びたい。*2

 

 

 

WONWOO(ウォヌ)
f:id:lm85cm:20170308025320j:image

2日間を通して思ったことはやっぱり「チョンウォヌしんど〜〜〜〜〜!!!!!」でした。チョンウォヌの隠しきれないヒモ感がたまらなく最高だった。ヒモみがすごい。昼夜逆転生活だし、外出が嫌いだから日用品すべてをアマゾンで注文するくせに、いざ宅急便が来ると居留守にして不在票を私に真顔で渡してくるんだもん……(妄想)ウォヌちといえば、18日のヒポチステージの衣装が今回のMVPでした。最高でした。大勝利でした。赤いスーツ+オールバック+丸眼鏡=死。この衣装のときだけに漂うウォヌちのインテリヤクザ感が本当に好きでした。ラストの「Love Letter」でウォヌちパートでひとりスポットライトが当たって歌う姿はとっても感動しました…(;;)最後にジフンさんからありがたいお言葉をいただいているときもジフンさんの後ろでセブチのタオルを広げて遊ぶウォヌちは最高に謎でかわいかった…ジフンさんの話があまり頭に入ってこなかったですが本人はめっちゃ笑顔で楽しそうだし、ウォヌちが楽しそうならすべてオッケー!!!!ウォヌちの体型は細くて薄くはあるんだけど、男性の体格?骨格?をしていて想像より背が高くてドキドキしてました……は~~チョンウォヌしんどい(しんどい)#しんどい。

 

 

 

WOOZI(ウジ)

f:id:lm85cm:20170225112140j:plain

ジフンさ~~~~ん(;;)「よく画面越しで見るより生で会うほうが身長が高かった~!細かった~!」とか言いますけど、ジフンさんは生で会っても小さいです。かわいい。それでも身長は1番小さいのに、1番存在感がありました。 何度も言うけどジフンさんの12人のメンバーを引き連れてる感がたまらなく好き。孤高のカリスマジフンさん。セブチの曲はほとんどジフンさんが作詞作曲しているので、もしジフンさんが居なかったら今回のコンサートは成立していなかったし、ジフンさんのおかげでいまのセブチが居るといっても過言ではありません。今回のコンサートで25曲を披露しましたが、25曲中23曲が作詞や作曲で携わっているのが本当に本当に本〜当にすごい。*3 天才としか言いようがない。なのにメンバーがジフンさんに「素敵な曲を作ってくれてありがとう」って言っても「そんなこと言わなくていいから〜」って適当にあしらうジフンさんのそういうところがすき……ジフンさんは妖精みたいなバブみがすごいときもあれば、カリスマ毒舌男前PDなときもあるのが謎だし、そこがジフンさんの魅力。

 

 

 

DK(ドギョム)

f:id:lm85cm:20170225110534j:plain

セブチの精神的支柱で優しさの塊。双眼鏡をのぞいた先にはいつも優しい笑顔のソクミンさんがいてすごく安心しました。太陽みたいに笑ってくれるから、ソクミンさんは太陽みたいに眩しかったです♡ そしてドチャクソに歌が上手い。ソクミンさんの歌声は、安定していて聴いていて心地良いのは勿論なんですが、時には何だか切なくて自然と涙が出てきてしまいそうになったり、時には甘くて優しい歌声にウットリしたり、時には深く根が張った力強いパワフルな歌声に圧倒されたり…ソクミンさんの歌声は唯一無二の宝物だと思いました。わたしはセブチの中で1番ソクミンさんの歌声が好きです…♡ これからもソクミンさんの歌声が世界に響きわたりますように♡。ソクミンさんの人柄の良さが言動に現れていたし、ムードメーカ的な存在で本当に面白いし、ソクミンさんの笑いは私のツボにドストライクなのでいつもコンサートに行くと一人で大笑いしてた。とにかくソクミンさんはヒマワリみたいな人でした♡

 

 

 

MINGYU(ミンギュ)

f:id:lm85cm:20170225113034j:plain

キムミンギューーーーーーーーーー!俺だーーーーーーーー!(誰) ミンギュって普段の何気ない言動は面白いのにいざ話を振られると真面目で面白くないとことかたまにあるし、大事なところでミスして「……クゥン……🐶」って不安げな顔するし、かと思えばコンサート中は誰よりも楽しそうで他のメンバーのパートも口ずさみながらずっと「>▽<」の表情で踊るし、日本語も積極的に話そうとしてくれたのが十分に伝わったし……あ〜〜〜もう大好きだ〜〜〜!(;;)無邪気で表情豊かな大型犬でもあり、ガチ恋爆モテオッパでもあるミンギュを応援するのがとっても楽しい毎日です。ミンギュを好きになって本当によかったと改めて思いました〜〜♡

 

 

 

 

THE8(ミンハオ)

f:id:lm85cm:20170225111937j:plain

この写真みたいな銀髪にバーガンディアイメイクがとっても印象的でした。とにかくかわいい。べらぼうにかわいい。ハオちの恋ダンスが宇宙で1番かわいい。ノリノリで恋ダンス踊る姿が愛おしくて、頑張って覚えてきた日本語を一生懸命思い出して使おうとしてくれる姿が本当に嬉しくて、今回のイルコンでもっとハオちのことが好きになりました……… (;;) それでもやっぱりパフォーマンス中は余裕な表情でダンスを踊り、軽々とアクロバットを披露していて、とにかくハオちは無限の可能性をもつカリスマでした。いきなり「そこどいてください」と毒舌を発揮するし、空気を読んでアジュナイスの流れでハイライトの話題をだしちゃう天然も発揮するし、他のメンバーに真似されてもニコニコしてるけど、いざミンギュに真似されると「ァ"?」って睨みつける最高なハオちの一面も見れて大満足………ハオギュが隣に並ぶと「健康的な純粋大型犬」「華奢な気まぐれ猫」みたいにみえて最高でした………(ごうなき)

 

 

 

SEUGKWAN(スングァン)

f:id:lm85cm:20170225110552j:plain

みんなの美少女ぶ〜ちゃん。 めちゃくちゃかわいい、超かわいい。以前見た時よりも痩せてシュッとしたのでかっこよくなって男らしくなっていました〜〜!でも笑ったり口を開いたりするといつものわたしたちの可愛いぶ〜ちゃんで安心しました。ボカチのステージのときの衣装のぶ〜ちゃんの襟が真っ白なフリルみたいになっていて本当に可愛かった…衣装さんに金一封差し上げたい。ぶ〜ちゃんはぶりっ子っぽいところがあるけど全く嫌味がなくてそれがむしろ可愛すぎて悶えていました。10代ならではの可愛さがあって、とにかく良い子そうで、ぶ〜ちゃんはみんなで可愛がってみんなで大切に育てていかなければならない。(確信)ぶ〜ちゃんが日本語を話せるようになったらトーク面でもセブチは最強になれる。ぶ〜ちゃんはセブチのマドンナ。

 

 

 

VERNON(バーノン)

f:id:lm85cm:20170225113548j:plain

お顔が強い四天王の一人。バーノンちゃんの美しさの罪で裁判が開廷しまいそう……(?) くっきりとした二重や長い睫毛…宝石のような茶色の瞳…鼻の高さを強調する影…とにかく存在が奇跡。「バーノンちゃん is 美少年」というより「美少年 is バーノンちゃん」っていうくらい文句なしの美少年。魅少年といってしまいたいほど。ムビステで近くまで来たときに、バーノンちゃんが客席を鋭い眼力で見つめていたのですが、まるで芸術作品のようで口を開けて固まったまま見惚れていました。バーノンちゃんという国宝アイドルに8,500円払えばこの目で見られることが出来る現実に圧倒的感謝をしています(急にリアルな話)。バーノンちゃんのリズムの乗りかたが大好きで、特にヒポチのステージの時の楽しそうなバーノンちゃんの表情がとっても印象的。こんなにも文句なしの美少年バーノンちゃんですが、中身は相変わらずのバブ。バブみがすごい。自己紹介を忘れて「アッ…スミマセン…//」って照れながら言うし、バースディケーキのクリームを顔につけて「カワイイデスカ~?」って愛嬌してくれるし、早歩きのときの衣装の時のジレベストのサイズが小さめで後ろを向くとシャツが出ていたりと、四次元バーノン。つかめそうでつかめない、近づくとどんどん離れていってしまいそうな謎の美少年。とにかく、バーノンちゃんの存在を当たり前と思ってはいけない。

 

 

  

DINO(ディノ)

f:id:lm85cm:20170225110820j:plain

イ…チャ…ン…オッ…パ………イチャンオッパ~~~~~~~~~!ダンスを踊っているときのディノちゃんの存在感は本当にすごい。ステージ上での誰にも負けない表情の豊かさやギラギラとした存在感を改めて感じたコンサートでした…。わたし的にセブチの中で1番ダンスがうまいと思うのがディノちゃんです。19日はアリーナ50列代だったのでメインステージは基本的に後ろの映像を見るか、双眼鏡で見ていたのですが、裸眼で見ていると「めっちゃダンス上手いメンバーいる……!」と思い、双眼鏡をのぞくとその先にいるのはディノちゃんがいる…ということが多々ありました。ダンスの忠実さ、基礎のしっかりした身体の使い方…安心安定のぶれない軸があってディノちゃんみたいな人がいてくれるからダンスの力がぐんとパワーアップしてる気がします。そしてディノちゃんの歌声もとっても好きです。「にほんごは…まだ…へただ…♡」って言ってくれるマンネらしい可愛らしさもあって、でも愛嬌はあまりしたくない反抗期に突入しているマンネらしさの愛しさもあり、「CARATのみなさんがいるから僕はここにいます!」ってしっかり気持ちを日本語で言ってくれたディノちゃんがセブチのマンネでいてくれることがとっても心強い……パフォチステージのディノちゃんのカラコン姿のオス♂みがすごくて本当に本当にかっこよかった……WHOのときはじめて映像でディノちゃんがアップに映った瞬間私の周りの席が「……ぇ…イチャンオッパ…ァ……?」ってかっこよすぎて、ざわついていました。イチャンオッパ。

 

 

 

SEVENTEEN(セブチ)
f:id:lm85cm:20170312025805j:image

それぞれの物語の主人公が集まったようなファンタジーの世界で生きていそうなメンバーが揃っているけど、青春真っ只中の男子高校生の休み時間を見てるような気分にもなれる…そんな最強で最高の13人が集まったグループ。13人が腕を組んで横1列で歩くときもあれば、円を描くように座って笑いあうときもあれば、縦1列になって汽車みたいにくっついて歌を歌いながら前に進むときもある。そんな13人が私は大好きです。これからも13人で笑いあってほしい、これこそが私の願いです。とにかくセブチは人気にならないわけない…こんなアイドル好きになるしかない…と思う反面、本当に本当にセブチを好きになって良かったなって思えたコンサートでした。本当に本当に楽しかった~~~!ありがとうSEVENTEEN!だいすきだSEVENTEEN!!!

4枚の記事全部で28,000文字というどの記事も無駄にえげつない長さかつ拙い文章だらけでしたがここまで読んで下さった方いましたら本当にありがとうございます(;;)とっても嬉しいです(;;)♡ レポの記事の最初にこの言葉を書きましたが、もう一度この言葉とともに今回のSay the name #SEVENTEENの感想記事は終了にしたいと思います。ここまでお付き合いいただきありがとうございました♡

 

 

 

 

 

俺…SEVENTEENが好きすぎてどうしたらいいかわかんねえ!!!

 

 

 

*1:http://m.entertain.naver.com/entertain?id=1047157&imgId=48968508&oid=433&aid=0000025829&listUrl=http://m.entertain.naver.com/photo#main/48968508

*2:元ネタはファンから「なぜ宮本佳林ちゃんをJuice=Juiceではなくモーニング娘。に加入させなかったのか説明してください」というTwitterのリプに対してつんく♂さんが言い放った一言は「だってJuice=Juiceが組めなくなるやん。」でした。

*3:今回のセトリの「Check in」「Highlight」の2曲以外はジフンさんが作詞や作曲に携わっているようです。は〜〜ジフンさん天才すぎる。